おすすめチャネル:三岐鉄道北勢線 モ二226

鉄道車両とARは、相性が良いでしょう。今回紹介するチャネルは、鉄道車両内の様子を写したものです。

三岐鉄道北勢線という、日本でも珍しい鉄道を紹介します。
何が珍しいかというと、日本国内の鉄道で線路の幅が最も狭い762mmの鉄道。
しかもまだ現役で走っている鉄道路線です。

ここで紹介しているモニ220系は、1931年から1992年までの61年間、走り続けた車両が終着駅の阿下喜で展示されています。とても古い車両は、展示されるには修復を行って復元されている。とても貴重な車両がモニ220系です。列車内の様子をAR 360で楽みましょう。

コメントする

junaio 3.0 開発者向け情報

Googleグループjunaio-developer に掲載されていますが、ご存じない方多いようなのでそのまま転記します。

Main features:

1. Image based channel selection

The functionality behind the scan button has changed tremendously.
Besides being able to scan Barcodes and QR Codes, junaio will now
select the correct channel after recognizing any reference images or
tracking images which you may have used in your active channels. The
same is true for new channels as soon as they are set active. Just try
it with your channels!
For upcoming channels, you will not have to do or change anything. We
will simply consider all reference images of your channel when setting
it active (based on the tracking xml sent back by the pois/search
request).

2. Product search based on barcodes

Junaio now supports barcodes, also based on the channel architecture.
Currently, you are not able to create your own barcode channels yet,
however, in the near future we will add barcode and QR code scanning
capability to the junaio API for your use.

3. QR-code based channel launching

We have been supporting QR codes for all channels for a while now, but
with junaio3.0 you are able to scan your QR code immediately with
junaio to open your specific channel. Of course, junaio will also
support all functionalities you know from a regular QR code scanner,
such as opening websites, starting videos, etc. based on the QR code
detection.

4. iOS Multitasking support

Also with the new version, the IOS Multitasking functionality is
supported. Having said so, when you leave junaio, whether you want to
route somewhere or receive a call, junaio will go back to where you
have left off.

==================
What is new in the API:
==================

1. Better handling of movie textures (loop / noloop, pause when
leaving pattern)

Movie texture handling has been improved dramatically. Movie textures
are now paused when leaving the pattern. Also you are able to control,
whether your movie should be looped or not. Simply add a loop or
noloop in your file name. Loop will be set by default:

e.g. http://myServer/myvideo.loop.3G2
e.g. http://myServer/youvideo.noloop.3G2

2. Support for alpha movie textures

With junaio 3.0, alpha movie textures will be supported. Currently
still in a low resolution, but this will also be changed in the
future. See movie textures as somewhat of a beta feature. You will
find an example video and an example movie plane for alpha transparent
videos for download on the website shortly.

3. Trigger event on target-detect

We have added a few customizations, you can use to create more
engaging experiences. The on target detect event trigger was mostly
anticipated for statistic and experience reasons.

How to use:

With experienced developer package (1.0.3 – downloadable latest end of
the week from junaio.com):
$poi = $jBuilder->createEventTrigger(“pattern2”, 2);

With XML structure:

Name
triggerEvent
onTargetDetect

An event (type: imagefound) will be sent with the POI ID of the POI
the customization has been attached to. So you are free to extend your
analytics to pattern recognized, movies triggered, etc as well as
create GUI or relativetoscreen POIs based on pattern detection.

4. Start animation on pattern detected

Also, now you are able to make sure your animation is triggered, when
the user is holding the phone over the assigned pattern to better
control animations.

How to use:

With experienced developer package:
$custom = new Customization();
$custom->setName(NAME);
$custom->setType(“startAnimation”);
$custom->setNodeID(“onTargetDetect”);
$custom->setValue(ANIMATIONNAME);
$poi->addCustomization($custom);

With XML structure:

NAME
startAnimation
onTargetDetect

5. Start animation on animation end

You can start an animation once another one has ended. The
startAnimation on animationEnded customization is “listening” for all
animation names globally. So also when an animation of one model has
ended, another model’s animation can start. Please be careful with
naming your animations when using this functionality

How to use:

With experienced developer package:
$custom = new Customization();
$custom->setName(OLD_ANIMATIONNAME);
$custom->setType(“startAnimation”);
$custom->setNodeID(“animationEnded”);
$custom->setValue(NEW_ANIMATIONNAME);
$poi->addCustomization($custom);

With XML structure:

OLD_ANIMATIONNAME
startAnimation
animationEnded

6. switchChannel on click or target detected

Now you are also able to switch to a channel and pass a parameter by
simply stating the special junaio protocol where you are used to place
a website. So when a pattern is detected or based on the click of a
model you can switch to a different channel and also pass a parameter.
Simply set your url to:
junaio://channel/switchChannel/?id=XXX&filer_poisearch=XXX

7. switch between Location Based Channels and GLUE channels by using
pre-customized TrackingXMLs

We have loosened the boundaries between Location Based Channels and
GLUE Channels. Based on an event, you can return different TrackingXML
for Glue or Location Based Information. The according TrackingXML to
switch back to Location Based, so GPS based functionality, will be
downloadable from the website.
With this new functionality, you could for example define and start a
channel as a Location Based Channel and lead the user to certain
reference images in your area. As soon as he has found it and
interacts with this POI, you can load the according tracking XML for
overlaying information onto this pattern. If he wants to keep going,
he simply clicks on a GUI POI and is back to Location Based Mode.

Have advertisement and posters “point your users” to where those deals
are available.

So some ideas:
– Have a movie poster overlaid with a trailer video and have the user
be guided to the next movie theater showing this movie with one click

– Enable your outdoor GLUE campaign with hints to where the images are
placed and have geo located movies with alpha transparency explain
sights on the way.

コメントする

近場のホテル探しに便利

AR楽楽ホテルナビの下記説明に興味を引かれ試してみました。

「楽天トラベルAPIを利用してホテル検索ができます。 あなたのいる地点から半径1.5Km以内の空室があるホテルを探し出し、近い順に表示します。 選んだホテルのWebを確認したり、ルート案内の表示の他、電話発信で予約もできます。 ホテル探しにご利用下さいませ。 Supported by 楽天ウェブサービス」

確かに近場のホテル探しに便利です。

コメントする

遂にAndroidマーケットにjunaio 2.6が登場

7月15日にAndroidマーケットにjunaio 2.6が登場しました。
下記は主な新機能と改良点です。
ダウンロードして早速使って見ましょう!

本アップデートの新機能
-新しいPOI(位置情報)レイアウト
-スクリーンショットの共有機能
-チャネルランキング
-詳細ページ付きPOI一覧の追加
-ライブ、リスト、地図の各ビューでのチャネル開始と前回使用ビューの記憶
-ライブ、リスト、地図の各ビューでのチャネルフィルター
-内部ウェブブラウザ

本アップデートの改良点
-ハニカムタブレットのサポート
-チャネル閲覧の速度向上
-GUIと操作性向上
-バグ修正と安定性向上
-改善されたビジュアルトラッキング

コメントする

未来はデジタル

スマートフォンが急速に広まる中、さらに多くのマーケティングのプロ達が携帯ARの大きな可能性に注目し始めています。マーケティング・広告・メディアの専門誌としてドイツで有名なHORIZONTが今週デジタル広告を全編で取り上げました。Olaf Kolbrück氏は記事の中でデジタル広告が昨年26%伸び初めて印刷広告を抜いた事を指摘しています。


このシナリオの中で携帯ARが大きな役割を担うと予想されています。「ARによる印刷メディアの拡張を新たな仕掛けとして考える人達がいます。事実、携帯ARは多くの付加価値を生みますので、今週号ではこの技術が何を提供すべき紹介したいと思います。」と Kolbrück氏は語ります。

「未来はデジタル」というタイトルがついた表紙の記事ではフォルクスワーゲンのマーケティング担当役員であるLuca de Meo氏がいかにデジタルマーケティングの可能性を開拓するつもりなのか説明します。実証としてスマートフォンユーザはjunaioでカメラをde Meo氏の写真に向けると彼のビジョンを語るビデオインタビューを見れます。

HORIZONTのKolbrck氏は「デジタル革命は一つ重要な事を教えています。郷愁にひたる時間は無く、新しい事に挑戦する時です。フォルクスワーゲンやOTTOといった成功しているブランドがこの手法でリードしています。」と加えます。

HORIZONT今週号のjunaioでのARは認定チャネル開発者であるempeaによって実現されました。

コメントする

ロシアの雑誌でjunaioを使ったAR

英文表記で”Popular Mechanics”というロシアの雑誌が、junaioを使って最新鋭ジェット戦闘機を3D表示します。

軍用機ファンなら見逃せない企画です。中国のJ-20、ロシアのPAK-FA、米国のF-22とF-35というジェット戦闘機の3Dモデルをページ上で見れます。最も優れた戦闘機を決める投票にも参加ででます。
全編ロシア語ですがこちらに操作方法を説明しているビデオ があります。
もう6万回以上見られていますが、どうやってモデルデータを入手したのでしょうか?

コメントする

USA TODAY紙がARを取り入れたスーパーボールの報道

テキサス州アーリントンにあるダラスカーボイズ・スタジアムに、今年のスーパーボールの覇者を決めるためスティーラーズとパッカーズがやって来ます。そしてファンは、USA TODAY紙と最先端ARブラウザjunaioとの協力によりARでゲームをもっと楽しめます。スタジアムとカーボイズのオーナーであるジェリー・ジョーンズ氏が2月4日版でスマートフォンユーザにスタジアムの内装と外装のハイライトを含む360度ツーアーをお届けします。2月7日版ではスポーツ欄のイメージにカメラを向けると試合の大事なプレ―の3Dアニメーションが見れます。この2つのARはペプシとパパジョンズの提供です。USAToday チャネルに注目!


チャネルの使い方

2011年2月4日 USA TODAY 360度スタジアム見学


2011年2月7日 USA TODAY キープレー

コメントする